ニックネームcandlelight
性別 男性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年03月11日(水) 11時39分

クリーンルーム

給排気体系が一方向の垂直流式では、作業室床がダウンフローの気流を透過するグレーチング構造になっており、作業室下の階下に塵埃を落下させる構造になっている。

外部との入退室には、2つの扉の間に清浄空気によるエアシャワー設備を置いた二重扉の出入口を設ける。

また、特に清浄を要求される小さな領域をビニールカーテンなどで覆って清浄度を上げる工夫も行われる。

火災などの発生時には非常口が設けられている場合もある。

更衣や原材料の仕込みなどを行うために前室が設けられる事がある。

CRでは中身での塵埃の堆積防止、清掃の容易性、フィルタ交換の維持管理の容易性など、建屋の組成にも考慮が必要である。

クリーンルーム 施工
この記事へのトラックバックURL
https://candlelight.prtls.jp/tb/d_eb31627b7e43b7
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2021 年 5 月
1
234578
91011131415
16171819202122
23242526272829
3031