ニックネームcandlelight
性別 男性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年09月25日(金) 16時25分

コンテナ

これらの現況での規制値内で、牽引するトラクター本体の更なる低車高化は構造的に無理があり、そして牽引トラクターと40フィートコンテナをマッチした全長は、その頃の世の中共通的に通用する最大値が現代のように長大ではなかった。

ただし、既にコンテナを陸送する為の専門のシャーシーは、世界で共通して円滑に輸送可能なとの趣旨で、日本を含む地上高が低く抑えられている国々でも、コンテナを積載した状況での地上高が3.8mと決定されていた。

世界的な物流事情の変化に伴う「重量の軽い貨物をもう少し積み込めるようにしたい」との要望により、ちょっと背高となる8フィート6インチ(2591mm)タイプのコンテナを、新たにISO668の規格値へ盛り込むお願いが出てきた。

これを元に最初のコンテナの高さが8フィートと決定されていた事から、当時のコンテナ積載用のシャーシはトラクターとの連結ところと、最後尾部位までが一直線状体の水平シャーシとなっていたので、事前に限界までに低床化されていた。

海上コンテナ 中古
この記事へのトラックバックURL
https://candlelight.prtls.jp/tb/d_a2502619107e4919d
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2021 年 4 月
123
4678910
111314151617
18192021222324
252627282930