ニックネームcandlelight
性別 男性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年03月11日(水) 11時47分

Tシャツ

間接法:露光によってメッシュに柄を移す方式・カッティング法:カッティングシートを切り抜いて柄を作る方式・ブロッキング法:油性画材でメッシュ生地に柄を描く方式。

色の表現については、後で延べする加工法によって濃淡を表現していきます。

技法によって仕上がりに異なる点があり、使用可能なインクも異なります。

また色ムラなどを抑えるための技術も必要です。

1枚1枚手作業で完成られるため、独特の風合いが得られるとして大注目です。

シルクスクリーンは、一般のアパレルからフルスクラッチTシャツ組み立てまで、さまざまなTシャツプリントで使用されてきた歩みある印刷方式です。

個人でシルクスクリーンにトライする時は、必須なグッズを取得しやすいカッティング法が推奨です。

近年は、インクを生地に直接吹きかけるインクジェットプリントとともに、Tシャツ製造における代表的な印刷方式となっています。

1色あたり1枚の版を作成しようのが基本であり、多色のデザインにはいくつかの版で応対します。

シルクスクリーンでTシャツに印刷を施すケース、初めにデザインの版(木枠などにメッシュ生地を貼り付けたもの)を制作します。

その上からインクを落とし、スキージーなどで伸ばして色を写します。

シルクスクリーンは、1度版を作ってしまえば、何回でも同じデザインを刷ることができるです。

専門エキスパートでは、どの技法であっても熟練の職人が作業するため、クオリティはお墨付きです。

複数のプロの予算を対比できるサイトもあります。

オリジナルTシャツ
この記事へのトラックバックURL
https://candlelight.prtls.jp/tb/d_945c2fb7e43bb
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2021 年 5 月
1
234578
91011131415
16171819202122
23242526272829
3031