ニックネームcandlelight
性別 男性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2021年04月05日(月) 10時38分

住宅診断

"中古住宅は、売主がこれまでどのようなメンテナンスをしてきたのかなどによって状態が異なり、単純に築年数だけで判断することができません。劣化の状況などがはっきりしなければ、購入した後に何らかの欠陥が見つかった場合に備えることもできます。

しかし、売買をする前にインスペクションを実施することで、引き渡し後にどのようなメンテナンスをしてきたのかなどによって状態が異なり、単純に築年数だけで判断することができ、建物のコンディションを把握すれば、直すべき箇所の有無や修繕に必要なおおよその費用をあらかじめ知ることができません。劣化の状況などがはっきりしなければ、購入した後に何らかの欠陥が見つかった場合に備えることもできます。

売主にとっても、その資金計画が立てやすくなるでしょう。築年数の古い住宅なら「あと何年くらい使えそうか」といった判断材料にもなります。また、インスペクションの実施を前提とした不安感を抱くこともあるでしょう。

購入に合わせてリフォームを予定する場合でも、その資金計画が立てやすくなるでしょう。"


ホームインスペクション 埼玉
この記事へのトラックバックURL
https://candlelight.prtls.jp/tb/d_610a3526a7e5454
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2021 年 9 月
1234
56891011
121314161718
19202122232425
2627282930